LINEモバイル乗り換えがわからない人も100%分かる

格安SIMに興味があるけど複雑で面倒そうと乗り換えを躊躇している方に是非読んで頂きたい、LINEモバイルへの乗り換えやメリット、デメリットなど一から分かりやすく説明します。大手キャリア(au、ソフトバンク、ドコモ)よりも圧倒的に安いのが格安SIMと呼ばれる LINEモバイルです。このページはLINEモバイル乗り換え方法やメリットデメリットのまとめとしてしているので、このページを読んでもまだ不安という方はそれぞれのページや姉妹サイトでさらに詳しく理解して格安SIMを検討してみてください。

格安SIMについて なぜ安い?

格安SIMが安いのはなぜと疑問になりますが、格安SIMを理解すると納得できます。
格安SIMとはLINEモバイルのように大手キャリアから通信設備を借りてスマホなどにデータ通信のサービスをしている会社を
MVNO(移動体通信サービス)
と呼んでいます。格安SIMが安くなる原理は様々ありますが、以下の点が大手キャリアと違うところです。

大手キャリアとここが違う だから安い

大手キャリアとの大きな違いが2つあります。この2つはスマホ月額代金を最小限に抑えたいなら必ず知っておきたいポイントです。

サービスが必要最低限
カスタマーサービスが必要最低限な格安SIMほど安いのです。理由は簡単ですが、カスタマーサービスセンターにかけるコストを最小限に抑えているからです。
通信速度の制限
大手キャリアから通信設備を借りています。通信速度はよく道路に例えられますが、狭い道にたくさんの車が通ると渋滞するように、通信設備も細い通信にたくさんの人が殺到すると速度が遅くなります。これが格安SIMは遅いと言われる理由です。通信設備の整備には多額のお金がかかりますが格安SIMは設備を借りているので設備投資のお金をかけません。その分安くなります。

LINEモバイルとは

LINEモバイルはもともとメッセージアプリで有名なLINEが始めたサービスですが現在はソフトバンクが運営しています。他の格安SIMとの大きな違いは、LINEのサービスがデータフリーで使えることです。データフリーとは、スマホを使ってデータ通信をしても特定のアプリではデータを消費しないサービスのことです。つまり、LINEモバイルはデータが無くなった後も、LINEメッセージやLINEの無料通話が使えるお得な格安SIMです。データフリーは、カウントフリーとも呼ばれていて格安SIMの特徴の一つです。

料金プラン

スマホを契約するときに一番分かりづらいのが料金プランですが、LINEモバイルの料金プランはものすごくシンプルで、3つしか料金プランがありません。

  • LINEフリープラン
    もっともベーシックなプランで、最安値の1GBのデータSIMなら月額500円という安さです。カウントフリーとなるのは、LINEのメッセージアプリで、メッセージやLINEアプリの音声通話がデータ消費なしで使えます。スマホに必要最小限を求めるなら 、LINEフリープランがおすすめです。
  • コミュニケーションフリープラン
    LINE以外のSNSも使っている方におすすめなのがコミュニケーションフリープランです。LINEアプリに加えて、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーになります。この中でカウントフリーになると特にお得なのがI画像が多くデータ消費量が多くなりがちなInstagramがカウントフリーになることです。こちらは最安値の3GBのデータSIMなら月額1,110円とかなり格安です。
  • MUSIC +プラン
    LINE以外のSNSも使っている方におすすめなのがコミュニケーションフリープランです。LINEアプリに加えて、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーになります。この中でカウントフリーになると特にお得なのがI画像が多くデータ消費量が多くなりがちなInstagramがカウントフリーになることです。こちらは最安値の3GBのデータSIMなら月額1,110円とかなり格安です。

各プランの注意点

ここまで紹介してきたプランが今使っているau、ソフトバンク、ドコモの月額料金よりも安いと感じた方にひとつだけ注意があります。この料金にはスマホ本体の価格が含まれていません。現在使っているスマホの月額料金を確認してください。そこにスマホ本体の価格が組み込まれていると、余計安く感じてしまいます。スマホ本体はどうするの?という疑問が生まれますが安心してください。次の章ではスマホ本体について説明します。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/useful-information/plan

LINEモバイルに含まれていないスマホ本体はどうするの?

格安SIMのプランは安く見えますが、スマホ本体の料金は含まれていません。では、スマホ本体はどうするのか?大手キャリアのau、ソフトバンク、ドコモはスマホ本体込みの料金で案内されています。実はこの仕組みが大手キャリアが割高になる理由だったりします。

今やiPhoneは10万円を超えるセレブが使うメーカーで海外では知られています。日本でのシェアは高いのですが、海外でのシェアは年々減って来ていますが、日本だけは新型が出るたびに大手キャリアがキャンペーンをするので稼ぎ頭になっています。

世界では、性能もよく格安なアンドロイドスマホが主流です。節約したいならスマホもこの際、アンドロイドスマホに乗り換えましよう。

LINEモバイルでスマホ本体を手に入れる方法

  • スマホ本体とセットで申し込む
  • 今あるスマホを使う
iPhone 6s代金込みの月額料金最安値は1,980円 LINEモバイルでセット契約
LINEモバイルに乗り換えはiPhone6sとセットで最安値のデータSIMなら1,980時からと破格の月額料金料金です。セット契約に必要な知識を完全解説していきます。他社格安SIMとの価格比較もしています。

今あるスマホも LINEモバイルで使えるよ

今持っているスマホがまだまだ使えるなら断然今あるスマホを使った方がお得です。ただし今あるスマホを使うにはSIMロック解除という方法を使わなければいけません。同じ回線ならSIMロック解除の必要はありませんが、ここが落とし穴でSIMロック解除は乗り換え前に、必要でも必要ではなくても必ず行いましょう。

SIMロック解除が必要なスマホ
ソフトバンク回線契約の場合:ソフトバンクのiPhone4s以前のiPhoneと2017年8月以前に発売されたアンドロイドスマホ、auのiPhoneとアンドロイドスマホ、ドコモのiPhoneとアンドロイドスマホ
ドコモ回線契約の場合:au、ソフトバンク回線とも全iPhone、アンドロイドスマホ
au回線契約の場合:auのiPhone7以前のiPhoneと2017年8月以前に発売されたアンドロイドスマホ、ソフトバンクのiPhoneとアンドロイドスマホ、ドコモのiPhoneとアンドロイドスマホ

auを使っている人はSIMロック解除が必要な機種が多いので気をつけましょう。

手持ちのスマホがSIMロック解除が必要かは以下のページから確認できます。

使えるiPhone|使い方・設定方法|LINEモバイル
LINEモバイルで利用できるiPhoneについてのページです。LINEモバイルに乗り換えても、モデルによっては現在ご利用中のiPhoneを引き続き使うことができます。
動作確認済み端末検索|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM
LINEモバイルの動作確認済み端末を検索できます。動作確認済み端末であれば、SIMカードを挿すだけでLINEモバイルをご利用できます。

前置きが長くなりましたが、SIMロック解除といっても何も難しいことはありません。自分で簡単にできる作業です。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/how-to/sim-unlock

auのSIMロック解除はこちら

SoftBankのSIMロック解除はこちら

ドコモのSIMロック解除はこちら

大手携帯会社と比較 月額料金がLINEモバイルでこれだけ安くなる

格安SIMを使うとどれぐらい安くなるのか、いざ乗り換えようと思ってもなかなかイメージがわかないですよね?実際にどれぐらい安くなるのか検証してみましょう。

大手キャリアはスマホ本体も料金に含まれていて2年間で支払うようになっていることや通話SIM付きなので、LINEモバイルもスマホ本体は別で買って2年間24ヶ月で割って月額料金に足して、通話SIM付きの同条件で比べてみます。大手キャリアの料金プランはほぼ横並びになるので大体同じ結果になります。

LINEモバイル 3GB 音声通話SIM コミュニケーションフリー 2,570円
au 3GBプラン 月額4,480円
ドコモ 3GBプラン 月額4,298円
ソフトバンク 3GBプラン 月額5,480円

なんと月額で1,728円、2年間では41,472円も安くなることがわかりました。

LINEモバイルのメリット

とにかく安くいLINEモバイルですが安いだけではなく、大手キャリアにないメリットも沢山あります。ざっと書き出してみますが、読むのが大変なほどです。

  • データフリーがある
  • 大手キャリア3つから選べる ドコモ回線とソフトバンク回線、au回線
  • 格安SIMの中では通信の速度が速い 特にソフトバンク
  • LINEの年齢認証とID検索ができるのは LINEモバイルだけ
  • データ繰り越しがを翌月末まで可
  • データプレゼントが友達同士でできる
  • テザリングが無料
  • サポートシステム「いつでもヘルプ」が便利
  • クレジットカード無しで契約できる
  • 保証オプションが充実
  • 10分のかけ放題がある
  • 外国の方も契約できる
  • フィルタリングサービスが無料
  • 評判がいい

データ消費や通信速度制限なしで使えるデータフリー

LINEアプリでメッセージやLINE通話がデータフリーなら、万が一契約しているデータがなくなって、低速モードになっても普通にLINEが使えます。契約データは普段自分がどれだけインターネットや対象外のサービスを使っているかだけ気にしておけば問題ありません。さらに対象のアプリであれば、通信速度は低速モードにならずに通常の通信速度で使えます。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/merit/date-free

子供に持たせるならLINEモバイルな理由

この中でも特におすすめなのが、フィルタリングサービスです。子供にスマホを持たせても何をしているか分からずきになりますね。でも、LINEモバイルならフィルタリングサービスが無料なので1GB500円のプランでスマホを持たせることができます。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/useful-information/child-mobile-debut
子供にスマホを持たせたらi-フィルターは絶対必要
初めて子供にスマホを持たせる時に不安を感じるのは私だけではないでしょう。スマホは持ち歩けるので常に利用状況を確認できるわけではありません。しかし今回紹介するi-フィルターを使えば有害サイトの制限やスマホ利用時間の制限、子供がどんな風にスマホ

通信速度の速さ

LINEモバイルはソフトバンクが買収した会社なので、通信速度が速いと有名な格安SIMです。実際一時期、申込者が殺到して通信速度が落ちた時もすぐにソフトバンクのテコ入れでストレスのない通信速度に改善されました。大手キャリアがバックについているとなにかと安心です。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/demerit/data-speed

テザリングが無料

パソコンなどでインターネットを使う場合に使うテザリング機能ですが、一部格安SIMでは使えないケースが多いのです。その点 LINEモバイルはテザリングが無料で対応機種も多いので安心です。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/merit/tethering

LINEモバイルデメリット

いいところばかりに目がいってしまいますが、当然デメリットも存在します。契約前に確認して納得しておきたいデメリットを紹介します。

音声通話SIMは12ヶ月の最低利用期間

データSIMはいつでも解約できて手数料がかかりませんが、音声通話プランは解約が音声通話SIMには、12ヶ月の最低利用期間があり解約・乗り換えをすると、9,800円の解約手数料が発生します。ただし最低12ヶ月利用すれば、その後いつ解約・乗り換えても解約手数料は発生しないので、12ヶ月使ってしまえば大手キャリアのように24ヶ月毎の更新月を気にすることはありません。
頻繁に乗り換えるなら別としてよほど不満がないと乗り換えを短期間で行うことはないかなと思いますので、あまり気になるポイントではないかもしれません。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/demerit/minimum-period

通信速度が気になる

大手キャリアのようにいつでも通信速度が安定していないのが格安SIMです。その中でも優秀な通信速度を持つLINEモバイルですが、朝夕の通勤時間帯と会社員の昼食の時間は少し通信速度が下がります。この辺りはスマホの使い方によるので、ガンガン動画を見て、いつでもウェブサイトを見てという状況でなければあまり気になるポイントではないかもしれません。節約を考えるならあまり気にならないポイントです。通信速度はメッセージ系のSNSアプリではほとんど感じませんし、画像が多いサイトや動画を見るぐらいで感じる程度と考えましょう。

https://thebestinfojapan.com/line-mobile/demerit/data-speed

かけ放題が10分まで

ここをデメリットと捉えるかは使っている人に左右されます。私の例では電話は年間数えるぐらいしか使わず、殆どがLINE通話かメッセージです。掛け放題を選んでも使う機会がないので、私は掛け放題は大手キャリアでも契約していませんでした。
その点LINEモバイルはLINE通話がカウントフリーなのでむしろ10分掛け放題や大手キャリアの掛け放題よりお得だと言えます。

申し込みはたった30分

格安SIMはウェブサイトから簡単に申し込みできてあっというまに手続きが終わるので、すぐに乗り換えができます。

簡単5ステップ

  1. 手持ちのスマホのSIMロック解除をする
  2. MNP予約番号を貰う
  3. LINEモバイルを申し込む
  4. 回線切り替え手続きをする
  5. APN設定をする
https://thebestinfojapan.com/line-mobile/how-to/transfer
LINEモバイル SNSのデータフリーが充実
LINEモバイル

おすすめポイント
★SNSのカウントフリーが充実した格安SIM
★最安値のデータSIMは500円~
★LINEが使い放題のデータフリー
★余ったデータは翌月繰り越し可
★家族、知人で余ったデータをシェア データプレゼント
★テザリング無料
★クレジットカードなしで契約可
★子供用フィルタリングソフトが無料

楽天モバイル 動画見放題が魅力

おすすめポイント
★スーパーホーダイは低速モードで1Mbpsの高速通信
★スーパーホーダイならYouTubeの通常画質なら動画見放題
★楽天ポイントユーザーにはポイントが貯まる特典が多い
★楽天ポイントが支払いに使える
★スマホ端末が安く買える
★10分以内の国内電話がかけ放題
★高速モード(データ消費あり)と低速モード(データ消費なし)が切り替え可能
★ドコモ回線はデータシェアが可能

UQモバイル 通信速度が格安SIM最速

おすすめポイント

★格安SIMの中で通信速度が最速
★格安SIMの通信速度が遅くなるお昼や夕方、夜22時以降の混雑時間帯でも安定
★au回線のカバー率は99%で圏外が少なく快適
★余ったデータは翌月繰り越し可
★キャリアメールアドレスが使える
★家族割で月々1,480円~利用できる
★高速モード(データ消費あり)と節約モード(データ消費なし)が切り替え可能

mineo(マイネオ) 利用者全体で行うデータ分け合いサービスが魅力
mineo(マイネオ)

おすすめポイント

★利用者の満足度No1
★データSIMが最安値 3GB900円~
★音声SIMは500MBの低容量データから
★ドコモ、au、ソフトバンク3回線が選択可
★mineo(マイネオ)電話は30秒10円 10分かけ放題プランあり
★テザリングが無料
★データ繰り越し可 データシェア可
★フリータンクというデータシェアシステムがある
★高速モード(データ消費あり)と節約モード(データ消費なし)が切り替え可能
★音声SIMもデータSIMも最低利用期間がない

BIGLOBEモバイル エンタメフリーオプションで動画見放題
【BIGLOBEモバイル】初期費用0円+値引き特典(~9/30)

おすすめポイント

★エンタメフリーオプションで動画や音楽が無制限
★通信速度が安定している
★BIGLOBE電話は30秒9円
★3分かけ放題、10分かけ放題などかけ放題プランが充実
★シェアSIMは家族でひとつのデータ容量をシェアできる使い勝手のいいシステム
★高速モード(データ消費あり)と節約モード(データ消費なし)が切り替え不可

ワイモバイル ソフトバンク回線は格安SIMでも最速レベル

おすすめポイント

★ソフトバンク回線は大手キャリア並みの通信速度
★料金プランがシンプル
★10分かけ放題のプランと完全かけ放題など通話プランが充実
★60歳以上は国内通話かけ放題
★シェアプランでデータシェアがお得
★家族割がお得
★自宅インターネットを光回線にすると1000円割引